癒しの森と、湯めぐりの旅。

十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。
七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様乳頭温泉郷には十種類以上の源泉があります。
ブナの原生林で生まれたての酸素を深呼吸。地底から湧き出たばかりの温泉に浸かる。
大地に自生する山菜・きのこを食す。乳頭温泉郷には大地の恵みが溢れています。

七つの宿、七つの湯。

鶴の湯

江戸時代より続く秘湯の宿

妙乃湯

渓流に佇むモダンジャパニーズ

黒湯温泉

源泉沸き立つ湯治の里

蟹場温泉

深山の宿・離れの露天風呂

孫六温泉

守り抜く湯宿・山の薬湯

大釜温泉

懐かしき木造校舎

休暇村 乳頭温泉郷

美しいブナ林・近代施設

運行ダイヤはこちら

湯めぐり帖

組合加入7軒(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)の入浴が可能です。
七湯めぐりの温泉浴は万病に効くと言われております。

ご宿泊のお客様限定販売で価格は湯めぐり帖1,800円(湯めぐりマップ600円:旧ライト)。各施設のフロントで好評発売中!

※湯あたりには十分ご注意ください。

温泉入浴指導員資格取得

乳頭温泉組合施設では、財団法人日本健康開発財団認定「温泉入浴指導員」資格を取得しております。 温泉入浴指導員は温泉の一般的な正しい使い方を指導します。 安全管理や応急処置を行ないます。 生活アドバイスを行ないます。 厚生労働大臣認定温泉利用プログラム型健康増進施設の認定要件として「温泉入浴指導員」の配置が義務付けられています。

ページの上部へ